ウェブページ

フォト
2014年12月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「うさぎのヨシオ」(エンターブレイン:近藤聡乃) | トップページ | 「天にひびき」(少年画報社:やまむらはじめ) »

2012年5月 7日 (月)

「箱入りドロップス」(芳文社:津留崎優)

  「あざとい! 雫ちゃんあざとい!」(桂木萌)

 

西森雫・高校一年生。今まで学校にも通ったことのない筋金入りの「箱入り娘」である。

そんな彼女が姉の協力で家を抜けだし、一人暮らしをすることに。初めて目にする『日常』は新鮮なことばかりで……少女の成長物語。

 

いわゆる日常系の4コマなのですが、ヒロインが世間知らずの「箱入り娘」。コンビニで驚いたり、スタバでびびったり、と、お約束の反応が楽しめます。

それだけだとよくある話、あざといあざとい、で終わるのですが、どうもこの漫画、ちょっと毛色が違う。

 

Photo

スタバの店員に声をかけられ、びびる雫。

 

Photo_2

初めてする花火に宿題が手につかない雫。

 

Photo_3

あざとい! 雫ちゃんあざとい!

 

この雫ちゃん、いわゆる“アホ毛”がついているのですが、これがまた4コマという形態において非常に便利な役割を果たしています。

 

2

嬉しい/楽しいとぺぺぺぺと動く。

 

3_2

 

1

 

Photo_4

あざとい! 雫ちゃんあざとい!(このコマ便利だな……)

 

あざとい、で終わらないのは、多分、ヒロインの雫の性格。「お嬢様」「よい子」ではあるのですが、どうもそれだけでは説明できない。

なんでかなー、と思いながら読んでいたのですが……

 

Photo_6

このコマ。

これ、小学1年生の反応ですね。ともかく、何でもかんでも新鮮。

“萌え”の文法ではなく、“子ども”の文法で描かれているんです。

 

Photo_7

もうひとつ、分かりやすい例を。見るものすべてが新鮮だから、全力で今を楽しむ。

 

それでも、雫は高校生。反応が子どもでも……

Photo_8

ラブコメ分があります。

 

Photo_9

あざとい! 雫ちゃんあざとい!

 

他にも「初めての友だち」といった関係など、人間関係が広がっていく楽しみも。

オススメです。

 

何か最近、紹介記事だと四コマばかりな気がする……

« 「うさぎのヨシオ」(エンターブレイン:近藤聡乃) | トップページ | 「天にひびき」(少年画報社:やまむらはじめ) »

4コマ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

新刊コミックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538600/54652885

この記事へのトラックバック一覧です: 「箱入りドロップス」(芳文社:津留崎優):

« 「うさぎのヨシオ」(エンターブレイン:近藤聡乃) | トップページ | 「天にひびき」(少年画報社:やまむらはじめ) »